MENU

CLOSE

バストアップに効果的な成分8選!その効果とおすすめ摂取方法

バストアップに効果的な成分8選!その効果とおすすめ摂取方法

922views

カテゴリ:バストアップ効果

バストアップに必要なのはイソフラボンとリグナン

バストアップに効果的な成分のうち、イソフラボンとリグナンは乳腺を増やすために不可欠なものです。これらの成分は植物性エストロゲンと呼ばれ体内でエストロゲンという女性ホルモンと同じ働きをします。

エストロゲンは女性の美容とかかわりの深い成分で、乳腺を増やすほかにヒップを豊かにすることや、体の丸みを作ること、肌をきれいにすることといった作用があります。女性が女性らしい見た目になるのはこのホルモンのおかげと言えますね。ちなみに、バストは乳腺と脂肪の率が1:9でその比率は変わりません。ですから脂肪よりも乳腺を増やした方が効果的なのです。

イソフラボンの入っている食べ物

イソフラボンはマメ科の植物に含まれるポリフェノールです。含まれている食べ物といえば大豆ですが、それ以外の豆類にもいくらかは含まれています。イソフラボンの効果はバストアップ以外に、コレステロールを増やしづらくする効果や、抗酸化作用もあるため、健康のために摂取するのもおすすめです。

最も手軽に摂取する方法は豆乳で、無調整豆乳200mlを飲めば1日に必要なイソフラボンを摂取できます。他には豆腐や納豆を食べたり、きな粉をお菓子作りで使うことなども効率の良い摂取方法と言えます。

リグナンの入っている食べ物

リグナンも植物性エストロゲンのひとつですが、バストアップの他にコレステロールを下げたり、抗アレルギーやアルコールの分解作用もあります。また、イソフラボンと同じくポリフェノールの一種なので活性酸素をやっつける抗酸化作用も持っています。

リグナンが含まれる身近な植物と言えばゴマです。普段の食事にごまを加えるのは難しくないでしょう。他にはアマニに含まれています。

サプリメントで飲むと手軽に摂取できる

このように、大豆もゴマも摂取方法を大して考えなくてよいのがうれしいところですが、さらに摂取を楽にしたいならサプリメントがおすすめです。サプリメントは必要な成分が凝縮されていることや、日本では手に入らない優れた植物を使うことなどで、少量で十分な植物性エストロゲンを摂取できます。

ちなみに、女性ホルモンを増やす方法としてはマッサージもありますが、マッサージに比べてサプリメントの方が効果が早く表れるという傾向があります。

さらにおすすめなバストアップに必要な成分

タンパク質

タンパク質は細胞の基礎となります。バストを大きくするためにも欠かせません。タンパク質は肉類や大豆に多く含まれていますが、大豆にこだわる必要はありません。カロリーが気になる場合は鶏肉がおすすめです。実は肉類にも豊富なビタミンが含まれています。

脂肪

嫌われがちな脂肪ですがバストの原料になります。また、美肌のためにも欠かせない栄養なので必要最低限は摂るようにしてください。どうしてもという場合は植物油で摂取すると良いでしょう。ゴマ油やアマニ油もおすすめです。

カリウム

カリウムは老廃物の代謝を良くすることでバストへの栄養を行きわたらせます。また、たんぱく質合成にも役立つ栄養素です。カリウムはトマトやナスなどの夏野菜に含まれているので、野菜カレーをつくると摂取をしやすいです。また、アボカドにも豊富に含まれています。

ヨウ素

ヨウ素もタンパク質の合成に役立ちますが、特に成長期のバストアップに役立ちます。ヨウ素はれんこんや冬瓜、大根に多く含まれるので、煮物にすると良いでしょう。

ビタミンC

バストアップに欠かせない成分としてビタミン類もあります。まず、ビタミンCは肌をきれいにし、コラーゲン生成に役立ちます。ピーマンやブロッコリーに多いですが、水溶性なので炒めて食べるかスープにすると余さず摂取できます。

ビタミンB群

ビタミンB群はつやのある肌を作り、代謝も助けます。バストアップというよりはハリを保つのにおすすめの成分で、肉類や大豆に多く含まれています。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事